掃除検定ってどんな検定か?取得するとどんなメリットがあるか?

「掃除検定(掃検)」とは「日本掃除能力検定」のことを指します。
掃検は、掃除能力を測定する技能検定です。掃除を知識の上で認識するのみでなく、実技試験を通して掃除技術を習得していただきます。
掃除は年齢に関係なく学べる身近な学習対象であるため、6歳から100歳までの幅広い年齢層の方々が掃検に挑戦されます。

1.幅広い出題分野により掃除能力を的確に測定します。

掃検は、掃除の意味を理解し基本どうりの正しいやり方を学ぶため洗剤・用具・機械の知識、作業動作の知識、作法の知識の3つの部門(カテゴリー)に分かれています。

2.多肢選択式の問題で総合的な掃除能力を測定します。

日常生活の中ですぐに役立つように総合的な掃除能力を測定するために、出題形式は多肢選択式となっております。

3.基礎から応用迄掃除能力を段階的に身につけられる級を設定しています。

掃検の級は5~1級の5段階に分かれています。家庭・職場・学校での日常の掃除から職業としての専門業務の習熟を目的としたクラスまで幅広く級を設定しています。

4.常に新しい用具・機械・ケミカル類、新しいシステムを取り入れ、安全で効率のよい掃除手法を取り入れてゆきます。

メーカー・輸入商社・卸・販売店各位と連携し最先端の掃除テクノロジーを採用します。

各級の違いは?

各級によって求められる能力(スキル)が異なります。詳細は各級のスキルをご覧ください。

掃検5級 ~ 筆記試験のみ実技は免除となります ~
パーソナルコース ~ 掃除能力検定士5級(初級)

対象は戸建て住宅・マンション等私的空間の管理です。掃除に関して初歩的な知識を学んで頂きます。

掃検4級 ~ 筆記試験のみ実技は免除となります ~
オフィシャルコース ~ 掃除能力検定士4級(中級)

対象はオフィス・飲食店・理美容院・医科・歯科医院等商業エリアの管理です。接客・施術等に必要とされる掃除に関する専門的な知識を学んで頂きます。

掃検3級 ~ 筆記試験のみ実技は免除となります ~
メジャーコース ~ 掃除能力検定士3級(中級)

対象はオーナー・担当責任者としてオフィス・飲食店・理美容院・医科・歯科医院等商業エリアの管理業務です。接客・施術等に必要とされる掃除に関しての包括的な知識と実技を学んで頂きます。

掃検2級 ~ 筆記・実技試験があります ~
ビジネスコース ~ 掃除能力検定士2級(上級)

対象は掃除関連事業・ハウスクリーニングで独立・起業されるオーナー・マネジャーが必要とされる総ての業務を学んで頂きます。

掃検1級 ~ 筆記・実地試験があります、論文作成・ボランティア活動が必須科目 ~
アカデミーコース ~ 掃除能力検定士1級(上級)

検定試験に合格すると?

掃除能力検定士試験の合格者には認定証を発給します。
認定証を所持することによって就職や転職などの際に大きな意味を持つといわれています。
特に掃除という作業は身近でありながら幅広い職種で求められる技能です。

資格取得で得られるメリットは?

就職や転職時に活用できる!

就職活動において掃除の基礎を学習した掃除検定資格取得者は有利です、特に外食産業・美容業界・ホテル業界。
また、どんな職種にも掃除はつきものです。ホームへルーパーや介護士などは直接携わる業種です。また応用範囲の広い掃除検定は、飲食業、医科・歯科医院、美容・理容院、幼稚園・保育園、フィットネスクラブ、エステサロンなどの業種にも取得することによって武器になるでしょう。

仕事の能力向上(スキルアップ)に繋がる

応用範囲の広い掃除検定は、自分のスキルにプラスαをつけることで、更なる活躍が期待できます。

自らの日常生活の基準を上げる

掃除検定で学ぶことにより、自ら掃除の行き届いた清潔な環境空間を創り出し、家族をはじめ他者に提供できる喜びを享受できます。

エコに役立ちます

掃除検定で学ぶことにより、従来に比べ洗剤・ワックスなどの消費効率が向上し使用量が減り、結果として地球に優しい自然環境(エコロジー)&経済的(エコノミー)を実現できます。